活用している人も多い

活用

ツイッターやフェイスブックなどのSNSは、今ではやっていない方が珍しいなんて言われてしまうほどですね。これらのSNSは、恋人探しや出会いなどを求めるだけでなく、同じ趣味の人と知り合いになれたり、いろいろな人の考え方を知ったり、共感したり、自分の勉強になるSNSを見つけて、視野を広めたりもできるので、活用している人も多いのですね。
こういったSNSは、投稿内容もさまざまです。ツイッターなどのつぶやきには、「起きたー。今日も快晴です」「遅刻だ〜」「ランチなう」などといった、他人にとっては、どうでもいいようなつぶやきばかりしているツイッターもありますね。
SNSは誰が何を投稿しようが自由ですし、その人の勝手です。でも、1日に何十回も投稿していると、「暇なのね」と思われてしまいます。あまり依存しすぎると、かえって引かれてしまうこともありますよ。内容にもよりますが、1日に数回程度の投稿の方が、依存症にも見られず、普通のSNS愛好者と思ってもらえるようです。

簡単に知ることができます

簡単

SNSの一つでもあるフェイスブック。これはその人のことを知るには、とても便利なSNSですね。フェイスブックには、その人の日常がたっぷりと投稿されています。今日は何をしたとかどこに行ったとか、フェイスブックを見ていると、分かりますね。
また、その人がどのような意見を持っているか、何を考えているか、どのような感覚を持っている人なのか、なども分かることも多いです。彼のことを知ることができれば、アプローチもしやすいです。でも、
彼女のことなどが投稿されていたら、ショックですけどね。
SNSなんて普及する前は、片思いの彼ができても、彼のことを知るのは一苦労でした。でも、今では、彼のことを知りたいと思えば、意外と簡単に知ることができますね。その彼がSNSなどを利用していれば、の話ですが。
片思いの彼に、いきなりメールアドレスを教えて、とは言いにくいかもしれませんが、フェイスブックなどの友達申請なら、気軽に対応してくれる場合が多い、というのもメリットの一つですね。

結婚まで進む人も少なくない

結婚

SNSを利用している人はたくさんいますね。SNSがきっかけで、恋愛に発展したり、素敵な出会いがあったり、という人もたくさんいます。
SNSはいろいろな人と出会うチャンスでもありますからね。そこで出会った人と、お付き合いをするようになって、結婚まで進む人も少なくないようです。交際が進んで、そろそろ結婚かな?という頃、男性の方はどうなのかな?と不安になりますね。SNSで知り合った人だから、本気じゃないのかも?なんて心配もあるかもしれません。
もし、「僕は一生独身でいたいんだ」とか「結婚なんてまだまだ考えられないよ」とか「貯金なんて全くしていないよ」なんて言うようなら、彼の中で結婚は考えていないでしょうね。反対に、彼女の仕事のことや将来のことなどを聞いてくるようになったり、自分の夢や将来設計などについて、話しをするようになったら、彼は結婚したがっているかもしれません。
自分の友達に会せたり、彼女の友達に会いたがったりするのも、今後真剣にお付き合いをして、いずれは結婚を、と考えている証拠。彼の態度や言動に注意してみましょう。

意見が飛び交いました

意見

「SNSなどで知り合った人は本当に友人と呼べるのか?」友人たちとの飲み会の間でこんな話題が出ました。中には「オフ会とかで1、2回会っただけの人はただの知り合いなのでは?」という意見や「きっかけはなんであれ気が合って仲良くしている人は友達」という意見など様々な意見が飛び交いました。
数年来の付き合いでよく恋人に間違えられるけど恋愛感情はお互いに全くない人共通の趣味がきっかけで知り合って月に1度のペースで遊ぶ人、女子だけのオフ会で知り合って定期的に集まるようになった飲み会仲間…私自身、SNSがきっかけで知り合った友人がたくさんいます。
しかし、それ以上に刹那的に関わっただけという人や些細なきっかけでもう関わることもなくなってしまった人などもいます。さすがに数回SNS上でやり取りをしただけの人と何年も同じ時間を共有した友人を同列にすることはできませんが、それでもSNSで知り合ってたくさんの時間を共有した人のことは友人と呼びたいなと思います。
これを読んでいるあなたにとってSNSで知り合った人は友人ですか?それとも単なる知り合いですか?ちょっとだけ考えてみてください。

楽しみながら利用する

利用

いろいろな人とつながることができるSNS。自分のことを知ってほしい、さまざまな人とつながりたい、という思いがSNSを利用する理由になることが多いようですが、中にはあまりにもSNSにはまってしまい、そのせいで疲れてしまう場合もあるようです。
例えばSNSに写真などを投稿して、それに対する反応が気になる、という人は疲れやすいかもしれません。写真を投稿するたびに、反応がない、あった、なんて一喜一憂していたら疲れますよね。また、フェイスブックのシステムである友達申請。
友達申請したくないな、と思う人からの申請もあるでしょう。それで悩んでしまうと、疲れてしまいます。さらに誰が見ているか分からないSNS。その思いが強く、過剰に周りの視線などを気にしてしまうことも。SNSの情報は知らなくていいことまで、知ってしまうこともあります。そのせいで、イヤな思いをしたりすることもあるでしょう。SNSは楽しみながら利用するもの。疲れている、と感じたら、少しお休みをした方がいいですよ。

Copyright(c) 2010 snsで理想の出会いを見つける方法とは All Rights Reserved.